杉山です^^
 
 
今回は、最近巷で盛り上がっている予約商品について、僕の予約商品のリサーチの考え方、どういう風にトレンド商品をだしていけばいいかについて記事にしてみました。
 
 
特にリサーチでつまづいている初心者の方はこの記事を是非参考にしてくださいね^^
 
 

ネオジオミニは儲かるのか?

さっそくですが、巷で盛り上がっている予約商品とは、ずばりこれです。
 
 

 
 
来月発売予定のネオジオミニです!
 
 
ネオジオはSNKっていうアーケードゲームをメインで出していた会社が作った家庭用ゲーム機の事で、それのミニバージョンが来月に発売されます。
 
 
ファミコンミニやスーファミミニとかが爆売れしたのを見て、メーカーが真似したんでしょうねw
 
 
ゲーム好きの僕からするとこの商品が出るってニュースみた瞬間に、ebayで100%儲かるとすぐに判断しました笑
 
 
なんでかっていうと外人ってネオジオ好きな人多くて、ネオジオ関連の商品はebayで高値で売れてるんですね。
 
 
ちなみにネオジオはこういうやつです。
 
 

 
 
ROMバージョンとCD-ROMバージョンがあるのですが、CD-ROMバージョンはロードが遅すぎて全然人気ないですね。
 
 
市場で高値で取引されているのはもちろんROMバージョンの方です。
 
 
あとMVSというアーケード基盤もあるのですが、これ以上話すとマニアックになるのでやめておきます笑
 
 
僕もebayはじめた最初の頃はメルカリでネオジオとかの中古ゲームを仕入れて在庫で販売していました。
1万で仕入れた商品が500ドルとかで売れてたんでかなりおいしかった記憶がいまだに残ってます。
 
 
と、余談はおいといて、ネオジオ好きなゲーマーからするとネオジオミニというガジェットは絶対欲しいわけなんです。
ファミコンミニと同じ流れだし、需要があるので売れると確信できるわけです。
 
 
というわけで、さっそくebayのSoldを見てみましょう!
 
 
Soldを見てると既に15件売れてますね〜
うん。需要は間違いなくありそうですね。
まだ1ヶ月前だし、これからもっと売れてくるでしょう。
 
 
ライバルがいるか見てみると・・・・・
 
 

 
 
既に37セラー!!!
 
 
うわー無理じゃん。ライバル多すぎて出せないじゃん。。。。
 
 
あなたならこんなにライバルいたらあきらめますか?
 
 
ほとんどのセラーがあまりのライバルの多さに出品するのを躊躇して出さないんじゃないかなーと思います。
 
 
ですが、僕からするとあきらめのはちょっと早いです。と言いたいです。
 
 
リサーチの上手い人はここからどうやってライバルと差別化できるか?を考えます。
 
 

ライバルがたくさんいたときはどうする?

文章で書くとすごーく長くなりそうなので、ライバルがたくさんいたときの対処法を動画にしてみました。
 
 

 
 
いかがでしょうか?
 
 
お客さんがこの商品をどのように使うかを考えたら、コントローラー2つとHDMIケーブルをセットにしたら売れそうな気がしませんか?
 
 
リサーチってのは、ただ売れてる商品真似してだせばいいや〜ではなく、顧客のニーズを把握、予想して出品してあげる事が大事です。
 
 
調べてもらえればわかるかと思いますが、セットで出しているセラーっています?w
1人もいないですよね。
 
 
これが線で捉えるリサーチです。
点で捉えてるだけじゃぁ高利益で売れるようになりません。
 
 
顧客目線でリサーチしていけばトレンド商品でもライバル不在で売ることってできちゃうんです。
 
 
だからリサーチはこれだけやれば稼げる!とかいうのは基本なくて、なんで売れるのか?なぜお客さんはほしいのか?ライバルがやりたがる事はなに?ここを突き詰めるんです。そしてその量を増やしていく。
 
 
これがリサーチがうまくなる一番の近道だったりします。
 
 
そして量はいつか質に変わります。
ある時、リサーチを完全に理解する瞬間が訪れます。
 
 
そうなるとどういう状態になるか。
 
 
買ってもらってるから売ってあげているに変わります。
高利益でバンバン売れていくようになります。
 
 
この状態にきたらあとは出品数を増やしていって仕組み化していけば自然と売上、利益は伸びていくんですね〜
 
 
これってebay輸出だけじゃなくて、物販すべてにあてはまります^^;
だからebayで稼げればどの物販やっても稼げるようになります。
 
 
それは利益をとるために何を考えればいいか?何をすればいいか?を理解しているからなんですね。
 
 
リサーチ力。
一朝一夕でみにつくものではないですが、コツコツ毎日リサーチして磨いていきましょう!

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます